業務とサービス
個人業務
法人業務
ネットバンク
金融機関業務
 您现在的位置: ホーム >業務とサービス >個人業務 >外貨取引
外貨取引
 

  当行は個人のお客様に外貨取引業務をお取り扱いしております。外貨取引とは、外貨両替ともいわれますが、ある種類の通貨から別の種類の通貨へ両替することです。たとえば、日本円から米ドルへの両替などがあります。

  当行に預金口座をお持ちでしたら、外貨取引の際、銀行お届け印をご持参の上、窓口にご来店いただき、「外貨両替票」をご記入願います。買入貨幣、売却貨幣、金額をご指定いただきましたら、そのときの交換レートに基づいて決済し、買入通貨をお客様ご指定の預金口座に入金いたします。預金口座をお持ちでない場合でも、はじめての外貨取引の際に口座開設手続きを行うことが可能です。

  また、当行では現在、日本円以外の各種キャッシュのお取り扱いはできませんので、ご了承ください。

  外貨取引の際、銀行には2種類のレート表示があることにお気づきになられるでしょう。それは、お客様が本位貨幣(例えば日本円)を売却し、外貨(例えば米ドル)を買入する場合のTTSレート、そしてお客様が外貨(例えば米ドル)を売却し、本位貨幣(例えば日本円)を買入する場合のTTBレートです。米ドルの場合、2つのレートの差は2円となります。これはすなわち、レートが変化しない状況下において外貨売買を行った場合、お客様の費用のご負担は2円とため、元本割れとなるリスクがあります。

  ご存知の通り、外貨市場は時々刻々と変化しています。そのため外貨両替には、収益や損失が生じます。例えば、米ドルから日本円に両替するTTBレートが、以前日本円から米ドルに両替した際のTTSレートより高い場合、すなわち円安である場合、為替差益を得ることができます。反対に円高の際は為替差損となります。市場レートの変化によって、元本割れの状況が生じる可能性もあります。


【Close】