業務とサービス
個人業務
法人業務
ネットバンク
金融機関業務
 您现在的位置: ホーム >業務とサービス >法人業務 >貿易決済業務
貿易決済業務
 

  輸出、輸入ともに、お客様のニーズに応じて、取立手形、買取手形等の決済を弊行でご利用いただけます。お客様の資金調達の一助として、私共、ICBCが提供している様々な貿易融資のご相談も承ります。ICBCのネットワークは中国全土に広がり、ますます充実しております。中国国内の拠点網を生かし、各支店と緊密に連絡を取り合えるICBC東京支店を通して、貿易決済業務を行うことにより、ICBCの中国全土に広がるネットワークをご利用いただけることになります。ICBCを通じて貿易決済を行うことで、少ないコストと簡単な手続で迅速なサービスを受けることができる等のメリットが得られます。ご質問等のお問い合わせは、随時、窓口及びお電話にて承っております。

  一、信用状 (Letter of Credit, L/C )
  信用状は、輸入者の申請に基づいて、輸入者に代わって、信用確実な輸入地の銀行が条件(金額?期限?条件)付で荷為替手形の支払い、引受けを確約した書状のことをいいます。
  1.信用状関連業務の特徴と役割
  (一)、輸入信用状
  輸入者(申請人)の申請に基づいて、銀行は輸出者(受益者)に対して信用状を発行します。信用状を発行することにより、信用状発行銀行がその信用状を決済する責任を負います。すなわち、輸出者が提示する書類が信用状条件どおりのもので、且つその内容が各書類間で一致している限り、信用状発行銀行には支払いの義務が生じるわけですから、輸入者の決済とは無関係に信用状発行銀行は輸出地の銀行に対して決済を行います。輸入者にとって、信用状を通して輸入代金を決済するということは、信用状の要求に合った輸入書類を確認してからの決済となり、商品受取りに対するリスクも軽減できます。
  (二)、輸出信用状
  輸入者が申請した信用状が、発行銀行により発行されると、輸出者は発行銀行が指定した銀行を通じて受け取ります。輸出者は船積後に信用状で要求された荷為替書類を提出します。荷為替書類は輸出者の取引銀行により点検され、その後、輸入地の銀行でも点検されます。信用状条件に照らし不一致がなければ銀行間の確約により決済が行われます。輸出者にとって安全に輸出代金を受け取ることができます。
  2.申請条件及び手続き方法
  商業登記簿謄本、印鑑登録証明書等が決済用の口座開設のために必要となります。貿易融資や輸入信用状開設をご希望のお客様には、最新の財務諸表もご提出いただき、企業金融部における審査終了後、与信の可否及び限度額が決定されます。これらの手続きがすべて終了後に、貿易決済部において与信限度額内の融資及び輸入信用状開設を実行させていただきます。

  二、貿易代金の取立
  取立とは依頼人(債権者)が荷為替書類を銀行に提出し、輸入地サイドの銀行経由これを支払人(債務者)に呈示し代金を受領してから決済を行う方式です。輸出者にとって輸入者が代金を支払うか、もしくは引受がなされる迄は、荷為替書類を引き渡さないといった安全性もありますが、支払いまたは引受を拒否される可能性もあるといった危険性もあります。また、取立に関してはICC(国際商業会議所)が制定している?取立統一規則?に従います。
  1.取立関連業務の特徴と役割
  (一)、輸出取立
  輸出者が船積後、関連する荷為替書類を銀行に呈示します。輸入地の銀行宛に書類が発送され、輸入者に代金取立を依頼し、支払いもしくは引受がなされます。銀行側が輸入者から代金を受領できるかどうかを保証するのではなく、資金決済は輸入者の信用力に頼ることになります。
  (二)、輸入取立
  輸出地の取立依頼銀行の依頼を受けて、輸入者に荷為替手形の到着を案内し、条件に従って資金の支払い、もしくは荷為替手形の引受をしていただきます。代金取立後、取立依頼銀行への決済が行われます。銀行側の決済は輸入者の同意を得てからになります。
  2.取引条件
  弊行にて決済に必要な口座を開設していただきます。口座開設に必要となる書類は前記の通りです。

  三、貿易融資
  前記により貿易融資の限度額を設定させて頂いたお客様の場合には、信用状開設、輸入ユーザンス、輸出手形買取等、取引毎での審査の必要はございません。また、それらに対しての必要な担保、保証金については個別にご相談します。
  (一)、輸出前貸
  1.特徴と役割
  輸出に先立ち資金が必要となるお客様には、信用状原本を証書として、輸出前の融資をご提供します。信用状取引における商品の生産、仕入及びその他の費用の支払いに利用できます。輸出前貸の資金により物品調達ができるので、資金的にも有利です。
  2.取引条件
  弊行にて貿易融資の与信枠が決定済みのお客様が対象になります。該当する信用状の原本を呈示いただきます。
  (二)、輸出手形買取
  1.特徴と役割
  輸出者は輸入者の依頼により輸入地の銀行により発行された信用状条件下で船積を行います。輸出者はその信用状条件に合致した書類を作成し、銀行に提出し、荷為替手形の買取を依頼することができます。この貿易融資を輸出手形買取と呼びます。これにより、輸出者は輸入者による支払いを待たずに、買取銀行から資金を入手できるので、効率的に資金を利用できます。
  2.取引条件
  弊行にて貿易融資の与信枠が決定済みのお客様が対象になります。信用状の内容と相違ない荷為替書類を提出いただきます。荷為替書類の内容に相違があり訂正不可能な場合は、L/G (保証状)の差し入れをお願いすることもあります。
  (三)、引受済為替手形の買取
  1.特徴と役割
  輸出者の振出した期限付手形が信用状条件下の引受銀行において引受がなされた段階で、その引受済為替手形を遡及権(買戻権)付きで買取を求めることができます。これにより、代金の入手が早まり、その時点で決済リスクが解消されます。輸出者にとって、必要な際に利用が可能な貿易金融として提供できるサービスです。
  2.取引条件
  期限付手形の期日に支払確約した旨の引受通知を入手していること、及び信用状の原本。
  (四)、輸入ユーザンス
  1. 特徴と役割
  弊行発行の輸入信用状にて、荷為替書類が信用状条件に合致し、弊行が輸出地宛の銀行に対し決済を行う際に、輸入者に対して輸入代金の支払いを一定期間猶予する貿易融資を提供できます。これを輸入ユーザンスと呼びます。この輸入ユーザンスを行えば、代金の支払いより先に荷為替書類を入手できるので、資金を効率的に利用できます。
  2.取引条件
  弊行にて貿易融資の与信枠が決定済みのお客様が対象になります。弊行が発行した信用状に基づいた荷為替書類を受領していること。
  (五)、荷物引取保証
  1.特徴と役割
  輸入者が船会社から荷物を引取るには、船会社に船荷証券( B/L )を提出しなければなりません。しかしながら、短い航程の場合など、荷為替書類より先に荷物が到着することもあります。その際、銀行に荷為替書類が到着するより早く荷物を引取ることで、余計な倉庫費用を省き、生産、販売等を進めることを可能とする荷物引取保証という方法があります。これは輸入者と銀行が連帯保証を行ったもの、即ち補償状(Letter of Guarantee, L/G)を船会社に差し入れることにより、船荷証券なしで、荷物を受け取れるものです。輸入者は貨物価格と船会社に生じる損害金を担保にすること、及び船荷証券を入手しだい速やかに船会社に提出することが求められます。また、発行銀行である弊行は、貨物引取保証の実行日から、後に到着した船荷証券と引換えに返還された補償状を回収した日迄、輸入者に対し保証料を請求させていただきます。
  2.取引条件
  弊行にて貿易融資の与信枠が決定済みのお客様が対象になります。弊行が発行した信用状で信用状条件に船荷証券が全通数要求されていること。
  (六)、フォーフェイティング (Forfaiting)
  1.特徴と役割
  輸入地の銀行によって期日支払いの確約のとれた期限付手形を輸出者が遡及権(買戻請求権)無しで取引銀行に買取を求めることをフォーフェイティングといいます。輸出者は買取された手形の代金を会計上、売掛債権から現金化することが可能であり、同時に輸入者及び輸入地の銀行に対する支払いリスクを解消できます。
  2.取引条件
  信用状の原本及びその条件下の荷為替書類、及び期限付手形の期日に支払確約した旨の引受通知があること。


【Close】